スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨ですね。

昨日とうって変わって今日は雨です。

寒いので家の中でじっとしています。とりあえず、ドイツのDに手紙を書き終えました。

そうそう、昨日見たCD?Rの写真の中にいくつか結婚式の写真も含まれていました。

Dの結婚式と友人、義理の弟の結婚式などです。

そこで気になったのは、外に出て新郎新婦が二人で丸太をのこぎりで切る作業をしている場面です。どの結婚式の写真にもこの模様が写されていました。

のこぎりといっても、いわゆる典型的なのこぎりではなくて、弓形になったのこぎりで両端に取っ手がついており、そしてそれぞれの端を夫婦が持つというスタイルです。

文章では上手く説明できませんが。

これはドイツの結婚式の伝統的な習慣みたいです。もしかしたら、その地域だけかもしれませんが。

日本でも披露宴でウェディングケーキを新郎新婦で切りますよね。多分、それと似たようなものですかね。



あと、結婚式は教会ではなくて役所(登録所?)で行うらしい。教会での式の写真もありましたが。

そこで普通のスーツを着たおばさんが新郎新婦の結婚式の婚姻届のサインをチェックして誓いの言葉を述べさせるみたい。

写真で見たら本当にそこら辺にいてもおかしくないような格好の中年女性が結婚式の進行をしていた。

そして、ゲスト(家族、親戚、友人など)もそれを見守るらしい。

しかもみんなそんなにゴージャスな格好はしていません。

ウェディングドレスを着ている女性の写真もありましたが、ペンパルDは赤いワンピースを着ていました。



日本と全然違いますね。しかし、勉強になって面白いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chuchuyama

Author:chuchuyama
海外文通のことやお菓子についてのことなど・・・。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。