スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷う・・・

http://www.amazon.co.jp/%E6%89%8B%E7%B4%99~%E8%A6%AA%E6%84%9B%E3%81%AA%E3%82%8B%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%B8~-%E6%A8%8B%E5%8F%A3%E4%BA%86%E4%B8%80/dp/B001EPK0LE/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1254576094&sr=1-1

先日TBSの音楽番組で樋口了一さんという方が歌っていたのですが、その歌詞に思わずず聴き入ってしまいました。

そしてツタヤでCDを予約しました。

歌詞をご存知の方はお分かりになると思いますが、結構深刻な内容の歌です。



もうすぐフロリダのペンパルの誕生日です。

彼女はバツイチ子供なし。でもお母さんが近くに住んでいて彼女のことを「Best friend」と言っていました。

しかし昨年か一昨年だったかお母さんアルツハイマーを発症してしまいました。

それまでは二人で色々な所へ旅行しに行くほどの仲でしたが、最近は別の友人(お母さんとも友人)と二人だけで出かけることが多いそうです。

フロリダのペンパルには2人お兄さんがいますが、フロリダ州内でも結構遠い場所に住んでおり、そんなに頻繁に会えません。

しかも助けてくれないとか・・・。それぞれに家族がいるからなのでしょうが、この兄弟もバツイチだそうです。それだけアメリカはすごい離婚大国なんだと思う。



今までにも何人かアメリカ人と文通したことがありますが、殆どの人が親が片方しかいなかったり、自分がバツイチだったり、シングルマザーを経験したとかそういう人が多かったです。

勿論、両親もいるし幸せな結婚もしているというペンパルもいましたが。





彼女の甥っ子や姪っ子の話が出てきても、誰が誰の子供なのか(どっちの兄弟の)さっぱりわからなくなるときがある。(つまりバツイチ同士で再婚していたりするので)



それで、このCDを送ろうと思いましたが、(歌詞は翻訳を自分でやろうと思います)

やっぱり止めた方がいいのかな・・・。



自分にも親はいるし、いつかもしかしたらという事もある。

最近彼女からお母さんの話題が出ないのです。以前は症状などを教えてくれましたが、最近はお母さんのことには触れないですね。一応聞いてみたけど、答えたくないのなら、答える必要はないと思います。

でもやっぱり心配。ひとりで抱え込んでいるんじゃないかな?とか。

相当不安であることも以前は手紙に書いてくれました。

「今後のことを考えると本当に自分はどうなるんだろう」と。



でも、それは多分生きている限り親がいればみな考えていく道だから自分自身もいつか同じように考えて行くと思います。



それに今年の夏前に、ドイツの馬が大好きナタリーも最愛の祖父を亡くしています。アルツハイマーだったそうです。



自分自身のためにも、フロリダのペンパルのためにも、と予約しましたが、送るとしても余計なお世話になってしまう場合もあります。

逆に傷つけないか、と思うこともあります。

だったら本当に彼女が「辛いよ、助けて欲しい」と私に訴えたときに送ったほうがいいのかな。

それとも自分で聴いておくだけにするか。

日本に住む友達として支えになりたい、とは思うのですが。

どうしたらいいのかな?

なんか今日は暗い内容ですみません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

樋口了一ファンです。

この曲は、歌詞が現実的でつらい部分もある反面、同じ気持ちになる事で救われた気分にもなります。

それから、曲だけ聴いてもらえば分かるかもしれませんが、曲は決して暗くなく、パッヘルベルのカノンのようで、優しい曲です。

真心は、伝わるものだと思うので、大丈夫ではないでしょうか。

No title

くろちゃんさん、はじめまして。

コメントどうもありがとうございます。

樋口さんのことは私はつい最近知ったばかりなのですが、くろちゃんさんは樋口さんのファンをされているのですね。



とても素晴らしい曲を歌う人だとTBSの番組を見て思ったと同時に感情がブルブル震えたのを覚えています。

そして、そのときにフロリダのペンパルの事を思い浮かべながら聴いていました・・・。



>パッヘルベルのカノン

こちらは初めて耳にしますが、調べてみますね。どうもありがとうございます。



そうですね、私自身も決して彼女の家族間の問題に深入りするつもりは無いけれど、遠くにいる友達として曲から何かその優しさというのですか、伝わってくれたら・・・嬉しいと思います。

これからツタヤに行ってCDを購入していきます。どうもありがとうございました。

素敵なアドバイスに感謝しております。
プロフィール

chuchuyama

Author:chuchuyama
海外文通のことやお菓子についてのことなど・・・。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。