スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう待つのは止めよう。

シンクロ日記(自分のもう一つのブログ)に関連していますが、

もう全く連絡のこないFinlandのペンパルの手紙を捨てました。

何度も連絡をこちらから試みて、絵葉書も送りました。

しかし返事は来ない。



私が出産を4年前にしてから、だんだん彼女からの手紙の回数は年に1回あるかないかになりました。

手紙にも飽きてきた感じも見受けられました。寂しいことですが。



彼女は不妊と戦っている一人です。

ドイツのハノーバーのペンパルと同じです。ハノーバーのペンパルよりもさらに長く不妊と戦って手術までしている。



多分、私と文通するのが辛かったんだと思う。手紙で私の子供のことを聞くのも嫌だっただろうし(その話題はあえて避けていましたが、私なりに)

「貴方に嫉妬している」とまで書かれたこともあります。

仕方がないですが・・・。



E(Finland)のペンパルからの手紙を捨てた理由。

なぜなら、理由は一つ、過去の栄光にこだわる理由がないからです。

書きたいという気持ちがないくせに、無理して手紙を書こうとすると、その気持ちは読んでいる相手に必ず伝わります!!!

書くなら楽しんで、気持ちを込めて書いて欲しいのです。

出来なきゃ書かない方がマシ。

書きたい、楽しんで書きたいというテンションで書いて欲しいのです。

スロベニアのペンパルが私によく言う台詞なのです、これは!!!





シンクロ日記にも書こうと思いますが(時間があれば)、縁があるなら再び文通する日がいつか来ると信じています。E,今までありがとう。そして、彼女にも幸せになって欲しい。



そういう点では比べては申し訳ないけれど、ハノーバーのDのほうが、こんな立場の違う私達でも理解しあおうという文面が伝わるのでそれは嬉しいです。

でもね・・・・辛いときは無理しなくていいんだよ。

自分の気持ちに素直になればいいんだよ。

嫉妬していると言う気持ちを表に現してくれたE、それはそれで彼女は自分に嘘をついていないから、その気持ちは私が受け止めるしかない。



残念なことです。別れは・・・。でもいつかEが再び私と文通したいという気持ちを持ってくれたなら、それはそれで歓迎します。

でも、あえて今回は自分にとっても、彼女にとってもマイナスになるのならと思い、手紙をあえて処分させていただきました。

続きは時間があればシンクロ日記に書きます・・・。



E,今まで本当にありがとう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chuchuyama

Author:chuchuyama
海外文通のことやお菓子についてのことなど・・・。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。