スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日はドイツのペンパルの誕生日です。

ハノーバー近郊に住むペンパルDの誕生日です。

ちょうど手紙を書き終えまして、早速プレゼントと一緒に送ります。

彼女からはクリスマスと私の誕生日にチョコレートを送ってもらいましたが、

さすがにこの季節にチョコレートは溶けると思い、食べ物ではないものを送ります。



彼女はただ今不妊治療をしています。



2年間、子供が出来なくて悩んでいて、

自分の親戚が妊娠したり同僚が妊娠したりでショックだと言っていました。祝えないって。





そこで、私も地元の友人が7年も不妊治療しているから諦めないで、と前回の自分の手紙で励ましました。

しかし、その友人、その直後に妊娠!そりゃ嬉しい!



でも・・・Dから聞かれました。「貴方の不妊治療している友人はどうなったの?どうすれば妊娠できるの?」

私の友人は確かアパートから引越しをして自分の家を購入してから落ち着いてきたときに妊娠しました。アパートにはお子さんがいるからそれも辛かったのかな?



でも、Dはすでに自分の家もローンで購入しているから今更引っ越せともアドバイスできないですし・・(風水みたいだけれど、なんか友人はそう考えているみたい?)



他人の幸せを喜べない気持ちはよくわかります。

社交辞令や嘘も方便も時にはありますが、時として嘘を書くことは出来ない。

ペンパルであっても友達ですから。私の地元の友人もDも。



はっきりと書きました。友人が妊娠したって。

多分、ショックを受けると思う。でも、時としてそれを祝えなくても、それは心から祝えなければ祝う必要はないです。



自分に正直でいいんです。ただ、Dは子供がいることが全ての幸せだという感じになってガチガチになっている文章が伝わってくる。



こう書きました。



「素直に喜べなくてもいい。

自分の気持ちに正直になって。

でも、もう少し肩の力を抜く事が大切だよ。

子供がいても不幸なカップルも現実には多い。

貴方のお姉さんに子供がいるのだから、その子育ての苦労は彼女は経験しているはず。

(夜泣き、人見知りなど)

そのことを貴方のお姉さんから聞いてみたら?

子育ては貴方が思っている以上に辛いことも多いし素晴らしいことも多い。

でも、子供がいる=全て幸せ、ではないこと忘れないで。」



地元の友人が妊娠できたのは不妊治療の成果もあると思いますが、私の子供が要る現実を素直に受け入れてくれた彼女自身の心の強さがあらわれたんだと思います。



実際、私は出産してから地元のその友人とは全然連絡していませんでしたから。

今年の2月に久しぶりに再会しました。その直後に妊娠したんです。

たぶん、彼女長い間辛かったんだろうと思います。



Dには厳しい事を書いたかもしれないけれど、もう1年以上も文通しているし彼女は本音を書いてくれる人です。だからこそ私自身も上手くは言えないけれど自分の本音を書きました。

それが上手く伝わってくれればいいんだけれど・・・。

そしてDにも幸せになって欲しいと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chuchuyama

Author:chuchuyama
海外文通のことやお菓子についてのことなど・・・。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。