スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえずメールしてみた。

dcbbb5fb.JPGとりあえずフランスのペンパルにメールしてみた。

「会いたいけど、私の英語は全然完璧ではなくて、あなたを幻滅させたくない。」と正直に書いた。理解してくれると良いけど。



そして写真のようにこんなに手紙がたまってしまった。

これは数日前に撮影したものであり、実際はもっと届いています。

いったい何通届いているのか数えるのも怖いです。

この手紙は申し訳ないですが返事を書けない分で、別に返事を書く手紙は分けてあります。

ドイツが約15通、スリランカも10通近くは返事を書く予定です。あとはチェコとオーストリア、ルーマニア。すでに、返事は書き始めています。
スポンサーサイト

忙しくて

ついフランスのペンパルにメールするのを忘れていました。

ちゃんと言葉を考えて今夜ゆっくりメールしようと思う。

メールって手紙と違って、なんていうか気持ちが伝わりにくいんですよね。

ですので傷つけないように言葉を慎重に選ばなきゃならない。

それで失敗したこと沢山あります。

携帯での友達とのやり取りでも誤解しやすいので(私だけ?)基本的にメールは好きではないんです。

ならなんでこのブログやってるのか?って話ですが。



今日オーストリアとルーマニアからも文通希望の手紙が届きました。

この2カ国はいままでペンパルが出来たことがなかったので興味があります。

オーストリアは女性なのはわかるんですが、字が相当汚い(人のこと言えないけど)ので名前が・・・・読めない、致命的(笑)でも今インターネットで検索して多分クリスチーネだと思う(違っていたらすみませんと一応謝る)・・・。



ルーマニアはDANという名前だが、これ男なのか女なのか性別がわからない。

趣味がガーデニングなので女性?だといいんだけど。

一応二人に返事をかくけど、とくにルーマニアはやはりこれが恋愛目的の男性だったら嫌なので、ちゃんと「私は既婚で子どもがいる。もしあなたが男性で恋愛目的の文通ならお断りします。」とハッキリ言って、性別を確かめようと思う。



文通したいけど、相手の性別知らなくて返事したら、相手がロマンス目的だったらしく求婚されて困ったという事が以前にもあったので(笑)



英語圏の人の名前なら性別わかるんだけど、非英語圏だとそれがわからない事も多いからな?。



男性でもちゃんとした純粋な友情目的でなら文通してもいいけど、基本的になんて書いていいのかわからないので、いままで男性と文通したことがないんですよね。

どうしょう?><

フランスのペンパルからメールが届きました。

風邪等でまだ手紙読んでいなかったので申し訳なかったんだけど、彼女8月に日本に来るそうです。

でも、でも嬉しいけど会いたいと言われたらどうしょう!

パッケージツアーに参加するそうで、東京と大阪と京都を回るそうなので私が住んでいる地元とは少し離れており、会うことは出来ないかも?とペンパル自身は言っておりますが。



私も出来たら会いたいですが・・・・まず英語話せない(涙)

英語の手紙読み書きしてるのに、情けなさすぎ。



二年半前にシンガポールのペンパルが彼氏と一緒に来日したときに、私の住んでいるところまで会いに来てくれたのです。

そのとき、その彼氏が日本語理解できる人だったので何とか会話成立しましたが、今回のフランスのペンパルは日本語がしゃべれない。



しかも彼女の英語はなんていうか、他の英語圏や非英語圏に住むペンパルと違って難しいんですね。

上手くいえませんが彼女は大学にて英語をきっちり学んでおり、他のペンパルよりも少し違った単語や文章を書くので、時々私が彼女の文章を誤解してしまった事があるんです。

ちゃんと謝りましたが。

(例えば、彼女が日本に住みたかった、という文章を私が彼女は日本に住んでいたんだと誤解した・・・。凄く恥ずかしかったです。)



幻滅されたくもないし(というか確実に幻滅される><)正直戸惑います。でもやはり会ったほうがいいのかな?

悩みます(汗)

こんなことならもっと英語を勉強するべきだった!もう遅いが・・・。

風邪引いた?(涙)

やってしまった!風邪引いた!

熱も出てしばらく寝込みました。トホホ。

相変わらずドイツやスリランカから沢山手紙が届きます。

なかにはオーストリアやリトアニア、スイスからも届きました。

でも、みんな若すぎてしまい・・・(涙)みんな私の年齢知ってて手紙出してるよね?こんな私で良いのか?と思う。

いや、こんな私でよければ文通しますよ。勿論。でも子持ちでもあるし・・・。

話合わないかも(汗)とはいえ・・・↓



若い頃は年上の方より同年代の子達との文通が楽しかったんですが、今では私より10歳ぐらい年上でも楽しく文通できるようになりました。

この前届いたフランスのペンパルも私より8歳年上ですが、相手も私に対して対等に接してくれるので、それは凄く嬉しいです。

相手は未婚子なし、こちらは既婚子ありですが、そういうの関係なく文通できるのでそれは凄いなぁと自分でも思います。

またイタリアのペンパルは私よりもかなり若いんですが、私が既婚子持ちであろうが関係なくとても親しくしてくれるので、これまた嬉しいです。

それでは、今日はこの辺で。

お茶

今日はスーパーに行って緑茶を二袋買いました。

一つは新茶でオーストラリアのペンパルに送る用。

もう一つはくき茶でチェコのペンパルに送る用。

チェコのペンパルは日本茶が大好きで彼女が住んでいるプラハのお茶屋さんでくき茶を購入したそうです。

彼女はそこで私の住んでいる地域でくき茶が流行っていると聞いたそうですが、

正直聞いたことないなぁ。

くき茶ではなくて別の種類のお茶なら人気だけど。



というわけで、海外で流れている情報が必ずしも実際にその通りと言うわけではないんですね。

逆もしかり。

私も時々テレビなどで得た情報をそこに住むペンパルに話したり、聞いたりしますが、実は単に違う情報が日本に流れていただけの時もありますし。

というわけで、たまたまくき茶を見つけたのでチェコのペンパルに送ります。

毎年新茶のシーズンには送っていますが。

今日もたくさん届いた

今日も盛りだくさんの手紙がドイツから届きました。

ポストに入りきらないので、わざわざ郵便局の人がチャイムを鳴らしてくれて、手紙の束を渡してくれたけど、きっと「毎日毎日この家の人は凄いよ・・・」と

呆れてるんだろうな?(笑)

本当、いつまで続くんだろう。



今回はスリランカからの手紙も何通かありました。

スリランカ、結構興味あります。高価な物さえ要求してこなければペンパル欲しいです。

一度、スリランカの女の子に携帯電話を要求されてしまい文通を止めた事があります。

そういうケースが多い国もあるんですよね。本当美しくて魅力的な国ばかりなんだけど(涙)

今回は全員10代の人達ばかり・・・残念。



ドイツからの手紙の1通にも、中年のオッサンがパンツ一丁で横たわっている写真が同封されていました。

きもっ!

それは即効捨てました。写真撮る前にダイエットしろよ(笑)



時々こういう変な手紙やメールもあるのでご注意を!もう慣れたけど(笑)

こういうのは一切返事しませんし、捨ててしまいます。



今はイギリスのペンパルに返事を書いている最中です。

世界の文通団体

懐かしくなって、世界中のペンパルマガジンの検索を行ったところ、

こんなページが出てきました。

http://www.catalogofcatalogs.com/friends/FDS-XADS.htm

世界中の文通団体やマガジンのリストです。

その中にかつて自分でペンパルリストを請求したり、プロフを送って載せてもらった所もあります。

たくさん手紙が届くかどうかは、その文通団体によると思います。

それに、有料のところも多いですね。

今はそれに使うお金がないですが。



日本の文通団体もありますし、そこにコンタクトをとったこともあります。

あと、気をつけなければならないのは、友情がメインではなくてロマンス目的の団体もありますので(いわゆる出会い系)そこはきちんと確認した方が良いでしょう。

でも、今はペンパルサイトで探した方が手っ取り早いですけどね。



お勧めの文団もありましたが、インドネシアにあるのですが数年前のスマトラの地震があった場所でして、もしかしたらその文団はないかもしれません。

非常に安いし信頼できるところだったので残念です。

写メがうまく撮れない?!

昨日もとんでもない量のドイツからの手紙が届きました。

1,2通イギリスからも。

こんなに返事出せないですよ?!



でも、思い出してみた。



10年ぐらい前はまだインターネットも普及していないから、当然海外の文通団体や新聞社や雑誌社に自分のプロフィールをせっせと送りまくって、凄い量の手紙を受け取った記憶が。

でも、その中から今でも文通している人はハッキリ言っていません。

何人か数年間文通した人もいます。

マレーシアの人とは新聞社つながりで数年文通しました。



たくさんの手紙が届いたのは、コスタリカの新聞社に出したときですね。

でも1人もペンパルが見つからなかったです。残念。

プロフに書いてもいないのに、なぜかお札を交換しましょうといってお札送ってきた人や、英語でプロフ書いたのに手紙全文がスペイン語とか(読めないって)

ギリシャも同様・・・。

難しいですよね。



ドイツの切手と消印が美しいのがいくつかあるので写メ撮ろうとしましたが、ブレまくって全然駄目でした。

すみません(涙)

うわぁ??!

ひぇ??!

ドイツからひっきりなしに手紙が届いてくる!!

もう数え切れないくらい!一体何通届いたのか数えるのも恐ろしい!

手紙開封するだけでもたいへん疲れる!



しかも残念なことに殆ど10代から20代前半(涙)いや、嬉しいですよ。

でも、私の年が・・・(涙)

それでも、何人か返事を書こうと思います。



あとは、申し訳ありませんがいつもお世話になっている文通サイトも掲示板に紹介しようと思います。

ドイツにペンパルの欲しいかたはぜひリンク先のletternetに自分のプロフィールを送ってみてください。

私は郵送でやってみましたが、サイトからでもプロフを送れることが出来るみたいです。(違ったらすみません。)



忘れた頃にたくさんの手紙が届きます。ていうか、そんなに届くとは思っていなかったんだもん!

L(アメリカの以前のペンパル)の言うとおりにしたがってプロフィールを送っただけなのに・・・。



ドイツの切手もとても美しくて切手を以前集めていた私には嬉しいです。

時間があれば、写メに収めてここで掲載しようと思います。



今日はフランスのペンパルから手紙が届きました。

彼女のことは後日詳細を書きますね。今日もオーストラリアのペンパルに手紙を

書き続けて早16枚目。

長い手紙だ?!

ドイツから21通の手紙が!!!

郵便局結局いけなかった。すみません、ベルギーのペンパル。

雨が続き、ついに自分の住むところも梅雨入り。



そんななか今日はドイツから21通の手紙が届いた!びっくりした!

今はもうペンパルでない、アメリカのカリフォルニア、アナハイム郊外にすむLが教えてくれたドイツの文通団体? Letternet

http://german.about.com/od/penpals/a/letternet.htm

無料で自分の広告(プロフィール)を乗せてくれるそうです。

私も今年の2月あたりにここへ自分のプロフィールを送ったのですが、すっかり忘れていました、そんなこと。



で、今日いきなり21通の手紙が届きびっくり!さすがに21人全員に返事はかけないので、申し訳ないのですが、この中から気のあうペンパルが見つかればいいんだけどな。

しばらく更新していなくてすみません。

忙しくてしばらくブログ更新できませんでした。

すみません。

今やっとベルギーのペンパルに手紙を書き終えました。

数日前から書いていたのですが、忙しくて途切れ途切れになり、今終わりました。

明日投函します。



今、個人的なことで考えていることがあり(非常にくだらないことなのですが)

その事で頭がいっぱいです。

そんななかで書いたので、昨日今日あたりの文章はあんまり面白くないかもしれない。

と不安。

だったら書くのやめればいいのに、なんですが、いい加減待たせているので早めに手紙出したくて。

あんまりダラダラと手紙書くのも良くないですよね。短いなら短い文章で心がこもっていれば良いやと思うようにしなきゃ。
プロフィール

chuchuyama

Author:chuchuyama
海外文通のことやお菓子についてのことなど・・・。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。